住宅ローンの審査はどのように行われているのでしょうか?審査を通るには審査項目を知っておくことが重要です。


<個人に関する審査項目>

住宅ローンの審査項目は多岐にわたります。その中で個人に関する項目としては『個人信用情報』『勤務先や勤務年数』『健康状態』『年収(所得金額)』などが上げられます。『個人信用情報』には過去の借入れの返済で延滞があった場合の記録が5年間ほどは残っていますので、そのような人は住宅ローンの借入れは難しくなります。また現在借入れがある場合もなるべく完済しておいたほうがいいでしょう。勤続年数は3年以上が目安です。最低年収は200〜300万円くらいです。


<審査金利>

住宅ローンの審査のときに、金融機関が借入れ可能金額を計算する際に、独自に想定するのが審査金利です。この値は公表されてはいないのですが大体3.0〜4.0%前後で計算されます。審査を受ける人の年収と金融機関が定める返済負担率、及び審査金利から借入れ可能金額が算出されます。年収500万円、返済負担率35%、返済期間30年、審査金利3.5%とすると、借入れ可能金額は3200万円ほどになります。現在の金利より高く設定されていることに注意する必要があります。

新しい家を購入する時などは、自分一人で決めてしまうのではなくて家族と相談してみることをオススメします。
住宅ローンは、長い年月をかけて返済していくものですからすぐに決めてしまうのではなく必ず慎重に考えましょう。
家族にどうすればいいのか聞いてみるとか、自分の両親などに意見を求めてみるのもいいと思いますよ。
また、小さなお子さんを抱えている人は、今後の事をよく考えてから決めるようにした方がいいでしょうね。


●住宅ローンは担当者に確認を●

ローンを組むときは、資料請求をして色々確認してからがいいので資料をもらってくださいね。
読んでもよく分からないとか疑問があった場合には、必ず担当者に質問して確認するように。
住宅ローンは毎月返済していくものなので、今現在の事だけではなくて未来のことも考える必要があります。
最初は返済額を少なめにしておいて、落ち着いてきたら少しだけ返済額を増やしてみるのもいいかもしれませんね。


●どこで比較をする?●

どこの金融機関からローンを利用しようか悩んでしまった時は、比較してみるのがいいですよ。
住宅ローンはやっぱり金利で比較するのがいいので、最初にその部分を見比べてみることをオススメします。
低金利な場所が望ましいですが、他にも色々異なる部分があるので違う部分も比較してみて。

住宅ローンを金利だけを考慮して選ぶことはできません。もしも、金利を中心にして選ぶとしたら、他にも色々な事を考えて選択しなければなりません。ここでは、それ以外にどういった要素を考えるべきか説明します。


<まずは、収入>

まずは、収入をしっかりと考える必要があります。将来的に収入が増え、そしてそれに伴って貯金も増える可能性のある人は選択できる住宅ローンもかなり多くなります。一般的に低利率で大量に借りることができる変動型は金利が将来的に上がるリスクを持っており、収入が多い人の方が返せるキャパシティは大きくなります。


<長期的な家計の計画>

住宅ローンを借りるとなると、長期的な家計の計画を立てることも必要です。特に、固定期間選択型ローンは、利率が固定された期間を選択することができるようになっています。固定期間が終了し後はどうなるのか、そして金利の変動に耐えられるのかどうか、しっかりと長期的な計画や考慮をする必要があるのです。住宅ローンは金利が変動するというのが一番のネックでしょう。選択する際は低利率だけでなく自分や家庭の将来的な収入と、家計の長期的な計画を考慮して一番マッチしたローンを選ぶようにしましょう。

住宅ローンは、まとまった金額を用意できなくても頭金と諸経費を用意すれば契約することが出来ます。
だから、頭金と諸経費を用意できればマイホームを手に入れることが可能なんですよ。
詳しいことがよく分からないから・・・といってそのままにしてしまっている人は、ぜひネットで検索をしてみて。
家族みんなマイホームで暮らすことが出来たら、きっときずなも深まっていくのではないでしょうか?


●住宅ローンの審査は年齢を重視する?●

住宅ローンの審査では、年収や勤続年数も大事ですが特に重要視されるのが年齢なんだそうです。
契約をした時の年齢と完済予定の年齢を調べて、審査の合否を決めている様なんですよ。
確かに、あまりにも高齢の人だと全て払いきれないでしょうし年金生活を後半はするので、収入も無くなってしまいます。
だから、若い年齢の方が住宅ローンの審査に通りやすいのかもしれませんね。


●返済プランを考えよう●

住宅ローンは長い年月をかけて返済していくものなので、先のことまで考えて返済する必要があります。
今現在の事だけではなくて先のことまで考えられないと、少々困ってしまうかも。
どのようにして決めていけばいいのか分からない人は、担当者の人と相談しながら慎重に決めていくことをお勧めします。
金利のことも考えながら、返済金額を設定して下さい。

家を建てるときなどの資金は、大分部を住宅ローンでまかなうとしても、融資をうけるには融資金額の2割相当の頭金となる手持ち資金が必要です。その自己資金を用意するには財形貯蓄などの積み立てが有効です。


<頭金>

多くの金融機関では、住宅ローンの融資金額の上限を物件価格の8割としています。そのため、利用者は頭金として最低2割を用意する必要があります。物件価格以外にもローン手続きや登記などの諸費用も自己資金から出さなければなりません。


<積立>

自己資金作りのための積み立てには勤労者が事業主の協力を得て賃金から天引きで行う財形貯蓄、毎月決まった日に自動引き落としで普通預金から定期預金に積み立てられる自動積立定期預金が代表的です。また、定額預金に積み立てていくオート定額、ニュー定期に積み立てていくオート定期という商品は、郵便局の総合通帳にセットすると毎月自動で積み立てられます。そして最近はインターネットで取引される定期預金であるネット定期もあります。これは店舗にかかるコストが削減できるため、金利が高めの設定となっています。
住宅ローンで受けられる融資の額は、頭金の金額によって変わりますので、その後の家計にも影響しますし、頭金が多いほど将来のリスク軽減にもつながります。それに対して頭金が少ない場合には、融資を受けられる金融機関の幅も狭まりますし後々借り換えもしにくくなります。いずれにせよ、将来の安心のためにもまず必要なのが、ある程度しっかりと自己資金を準備することだと言えます。

住宅ローンを選ばれる時には、金利について確認されておかれた方が良いかと思いますよ。
返済時に大きく関わってくるものですので、しっかりチェックされておかれるべきだと思います。
もちろん、他にも比較すべき部分がありますので他の項目も確認された方が良いですね。
金利は景気によって変動しますので、常に目を離さず気を使っていた方が良いのではないかと思います。


●住宅ローンの審査は厳しいですか?●

住宅ローンの審査はわりと厳しめになっているところが多いようです。
何故なら、しっかり返済できる方を基準としているからなのだと思います。
審査で確認されるのは、お金に関することですのでしっかり金銭情報を確認されておかれることをおすすめします。
安定した収入を得ている方でしたら、問題なく審査を通過できるかと思いますので安心して良いと思いますよ。


●返済の仕方について●

住宅ローンは長期にわたって返済をしていくものですので、余裕をもって無理なくすることをおすすめします。
小さなお子さんを抱えている方は今後教育費が必要になってきますので、よくお考えになってからプランをたてられた方が良いかと思いますよ。
お子さんが小さいうちに返済額を高めに設定して返済をし、お子さんが大きくなってきたら返済額を低く設定して返済、といった形をとった方が効率的で良いかと思いますよ。

やはり皆さんも住宅ローンの返済を無理なくしていけたらいいな、と思っている方もいらっしゃるのではないかと思います。
まずは、返済をどのようにしていくのかという計画についてだと思いますが、それは年収の25%だと言われています。
年間返済額の目安ですので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。
短期間で返済が終わるのでしたら良いですが、長期的に返済をしていきますので無理なく余裕をもって返済したいですよね。


住宅ローンのポイントについて

住宅ローンの返済をしていく際に、いつ支払額を増やし減らすのかがポイントになってくるみたいです。
お子さんのいる方でしたらお子さんが大きくなる前に返済額を多めに設定しておき、お子さんにお金のかかる時期は返済額を減らした方が良いかと思いますよ。
また、お子さんが自立できるまでは低めにして自立出来たら返済額を大きくするといった方法でも良いかと思います。


計画的に完済を目指しましょう

無理なく返済を続けていくには、もちろん金利も関わってくるかと思います。
金利につきましては必ずしもその金額が適用されるわけではないので、油断しないようにして下さればと思います。
先のことをしっかりお考えになりながら、返済計画を立てていき完済へ向けて頑張っていくのが良いかと思います。
その際に疑問点なども出てくるかと思いますので、担当者の方や質問広場などで聞くのも良いかと思いますよ。
大きな事ですので、お決めになる際には慎重に。