家を建てるときなどの資金は、大分部を住宅ローンでまかなうとしても、融資をうけるには融資金額の2割相当の頭金となる手持ち資金が必要です。その自己資金を用意するには財形貯蓄などの積み立てが有効です。


<頭金>

多くの金融機関では、住宅ローンの融資金額の上限を物件価格の8割としています。そのため、利用者は頭金として最低2割を用意する必要があります。物件価格以外にもローン手続きや登記などの諸費用も自己資金から出さなければなりません。


<積立>

自己資金作りのための積み立てには勤労者が事業主の協力を得て賃金から天引きで行う財形貯蓄、毎月決まった日に自動引き落としで普通預金から定期預金に積み立てられる自動積立定期預金が代表的です。また、定額預金に積み立てていくオート定額、ニュー定期に積み立てていくオート定期という商品は、郵便局の総合通帳にセットすると毎月自動で積み立てられます。そして最近はインターネットで取引される定期預金であるネット定期もあります。これは店舗にかかるコストが削減できるため、金利が高めの設定となっています。
住宅ローンで受けられる融資の額は、頭金の金額によって変わりますので、その後の家計にも影響しますし、頭金が多いほど将来のリスク軽減にもつながります。それに対して頭金が少ない場合には、融資を受けられる金融機関の幅も狭まりますし後々借り換えもしにくくなります。いずれにせよ、将来の安心のためにもまず必要なのが、ある程度しっかりと自己資金を準備することだと言えます。