Archive for 2月, 2014

やはり皆さんも住宅ローンの返済を無理なくしていけたらいいな、と思っている方もいらっしゃるのではないかと思います。
まずは、返済をどのようにしていくのかという計画についてだと思いますが、それは年収の25%だと言われています。
年間返済額の目安ですので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。
短期間で返済が終わるのでしたら良いですが、長期的に返済をしていきますので無理なく余裕をもって返済したいですよね。


住宅ローンのポイントについて

住宅ローンの返済をしていく際に、いつ支払額を増やし減らすのかがポイントになってくるみたいです。
お子さんのいる方でしたらお子さんが大きくなる前に返済額を多めに設定しておき、お子さんにお金のかかる時期は返済額を減らした方が良いかと思いますよ。
また、お子さんが自立できるまでは低めにして自立出来たら返済額を大きくするといった方法でも良いかと思います。


計画的に完済を目指しましょう

無理なく返済を続けていくには、もちろん金利も関わってくるかと思います。
金利につきましては必ずしもその金額が適用されるわけではないので、油断しないようにして下さればと思います。
先のことをしっかりお考えになりながら、返済計画を立てていき完済へ向けて頑張っていくのが良いかと思います。
その際に疑問点なども出てくるかと思いますので、担当者の方や質問広場などで聞くのも良いかと思いますよ。
大きな事ですので、お決めになる際には慎重に。

消費税増税が2014年の4月に決まりました。過去、3パーセントから5パーセントに増税されたときには駆け込み需要が非常に多かったそうです。しかし今回は、大きな駆け込み需要というものは少なくなっていると言われています。その理由として、国が買い渋りを防ぐため、住宅ローン減税などの控除を考えているからだと言われています。


拡大する住宅ローン減税

今まで、住宅ローン減税は2000万円以下の住宅に限定されていました。そこから消費税増税に伴って減税の対象となる住宅は4000万円まで引き上げが確定しています。つまり、戻ってくる税金が最大で400万円まで増えたということです。金利も過去最低といわれる低利息でローンを借りることができるようになっています。おまけに国の減税措置がつくのですから、専門家などがテレビで住宅の購入なら今が最もお得だ、というのは納得できるのかもしれませんね。


給付金案も出ている

消費税が10パーセントまで引き上げられたと仮定する法案もあるそうです。いずれは10パーセントになる、というのはニュースなどで何度か聞いたことがあるかもしれませんが、もしもそうなった場合には、所得に応じて住宅購入に関する給付金が支給される見通しが立っていると言われています。増税後も引き続き、住宅購入はお得になる時代が続くのでしょうか?

住宅ローンにもやはり審査があるのですが、確認されるのは個人情報と信用情報についてですのでキャッシングなどと同じです。
住宅ローンの審査は普通だと思いますが、借り換えに関しての審査は厳しくなっているみたいです。
新規ローンよりも借り換えローンの審査が厳しくなっているところが少々多くなってきているみたいですので、利用される前には調べるようにしていただければと思います。


住宅ローンの審査項目について

住宅ローンの審査の際に重視されるのは、勤続年数や働き方・収入があるのかどうかについてだそうですよ。
他にも自己破産をしていないか借金をしていないかなど、色々お金に関することも確認されるみたいですので一度ご自分で確認されておかれることをお勧めします。
もし、他にローンをしている方がいるのでしたら出来るだけ早めに完済するようにしてから住宅ローンを利用されるのが良いかと思いますよ。


金利についてはどうなっている?

金利ですが、もちろんその金融機関によって変わってきますので色々比較されてみることが良いかと思います。
出来るだけ低く設定されている場所を見つけた方がよろしいかと思いますが、そのほかにも色々見比べてみてからお決めになることをおすすめします。
やはり長期にわたって返済していくものですから、少しでも負担の少ない方が助かって嬉しいですものね。

皆さんの中にはいつかマイホームを手に入れたい!と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、そんな時に頼もしいのが住宅ローンなんです。
もし、住宅ローンがなかったらマイホームが欲しくて貯金をしてもいつになったら手に入れることが出来るのか、その道のりは非常に遠いかと思います。
しかし、住宅ローンは頭金を用意することが出来ればまとまった金額を用意しなくても手に入れることが可能になるのです。
これは最大のメリットだと言われています。


住宅ローンの金利はどうなっているの?

ここで気になるのが金利についてですよね。
その利用先によって金利は変わってきますが、その中からご自分に合ったものを選ぶのが良いかと思いますよ。
先のことをよくお考えになってから、余裕をもって返済できるプランを選ぶようにしていただければと思います。
後々、お子さんが幼稚園や学校などに行かれる際教育費が必要になってくるなど、よくお考えになってみてからが良いですね。


他にも良いことがある

「住宅借入金等特別控除」といって住宅ローンを組むと所得税や住民税から一定の金額が控除されるそうです。
このお得な制度を利用して本来なら現金で購入できる方も節税の目的でローンを組む方もいらっしゃるみたいですよ。
もちろん、その反対にデメリットもありますのでそちらについても調べてみて下さればと思います。
どちらも受け入れて利用されるのが良いかと思いますよ。

皆さんの中にはすでに住宅ローンをご利用している方もいらっしゃるかと思いますが、その際に気を付けたことはありますでしょうか?
ローンを組む際にはただ今のことだけを考えて組むのではなくて、先のことまでしっかり考えてから決めるようにしましょう。
今は良いかもしれませんが後々何があるのか分かりませんので、事前に考えておかれることをおすすめします。


住宅ローンの金利について

住宅ローンは基本的に長い年月をかけて返済していくものですから、しっかりした返済計画が必要になってくるかと思います。
基本は固定型のものを選ばれておくのがよいかと思いますが、もし短期間で返済できるのでしたら変動金利の方が良いと言われています。
小さなお子さんのいる方は教育費などが後で必要になりますから、そういったことも頭に入れて計画を立てていただければと思います。


種類がいくつかあります

住宅ローンにはいくつか種類がありますので、色々比較されてみるのが良いかと思いますよ。
変動金利型・固定金利など他にもありますので、そのメリット・デメリットを比べてみてご自分に合ったものを選ばれるのが良いですね。
ネットで詳しく説明をして下さっているところがありますので、ぜひご覧になってみてはどうでしょうか?
きっと、色々知ることで良いところを見つけられると思いますよ。